代替え療法のフコイダン

ルプルプ

がん治療にフコイダン

フコイダンって聞いたことがありますか?フコイダン療法というのは、九州大がくで研究されているもので、たくさんの医師によって、実際に実践されている代替え療法だそうです。フコイダンの機能解明として、まず、ガン細胞を自然消滅に追い込むという、最新の理論です。これは抗ガン剤や放射線による副作用を抑えるという働きも強いため、この抑制に期待をもつケースが多いようです。

がん患者の場合は、時間的にも余裕はないので、抗ガン剤投与中でも、他の方法を試してみたいという場合があり、フコイダン療法と併用している人もいるようです。簡単に始められるということも、ありがたいと好まれているようです。飲むだけという簡単な方法が好まれており、信頼性も高いことから、多くの医師や薬剤師が実践しているそうです。これまでのところ大きな副作用があったという報告はないそうです。

フコイダン療法がよくつかわれている例として、脳腫瘍、胃ガン、食道ガン、大腸ガン、口腔ガン、咽頭ガン、喉頭ガン、膵臓ガン、乳ガン、子宮癌、子宮頸ガン、肺ガン、舌ガン、腎臓ガン、皮膚ガン、直腸癌、前立腺ガン、胆管ガン、肝臓ガン、甲状腺ガン、膀胱ガン、卵巣ガン、骨髄腫、リンパ腫、白血病、慢性骨髄性白血病、肉腫、骨肉腫などがあります。

Copyright 2011 お得!ルプルプ半額キャンペーン, Inc.