おすすめのヘアカラー

ルプルプ

ケア方法で回避する髪のダメージ

ヘアカラーで悩むのは、髪の傷みという人が多いと思います。髪にやさしいとあっても、枝毛や切れ毛になったりすることがあります。傷まないヘアカラーのダメージって?と思うところですが、キューティクルの内部に染みるタイプは、どうしても傷んでしまいます。さらに、ドライアーを使わないわけにはいかないので、ドライアーの熱によっても傷んでしまいます。

傷まないようにするには、タオルドライをしっかりし、ごしごしぬぐわず、優しく包むように水分をとります。その後、タオルの外からドライアーをあてます。軽くもみほぐすようにタオルの外側から、指を滑らせながらドライアーをかけると、タオルに水分が吸収されますので、乾く速度もアップし、髪をいためません。私もこの方法を使ってから、髪の毛のいたみが随分和らぎました。

傷まないヘアカラーでは、トリートメントタイプがおすすめです。シャンプー後のトリートメントが、白髪染めになっているので、毎日使うことによって少しずつ色がついてくるというものです。普段のシャンプー後のトリートメントとして使うので、手軽ですし、わざわざ染めるために時間をとることがないので、便利、簡単、髪にやさしいと3つそろっているので、どんどん人気がでてきています。色合いもとてもよく、髪にしっかりとなじむので、仕上がりもきれいと評判です。

Copyright 2011 お得!ルプルプ半額キャンペーン, Inc.